一生に一度の家づくりを成功させる!家づくりで失敗しないために知っておきたい基本情報を分かりやすく紹介します

このサイトでは、失敗しない家づくりについて知っておくべき知識や情報を紹介します。
依頼する業者はとにかく慎重に決めなければなりません。
そのコツや選び方もお伝えします。
施工例や事例はとても参考になるので、是非ともチェックしていろいろと活用したいものです。
施工事例の見方や取り入れ方についても説明します。
注文住宅を建てるのは初めての人がほとんどなので、分からないことも多いはずです。
そんなときに役立つ基本事項が満載です。

一生に一度の家づくりを成功させる!家づくりで失敗しないために知っておきたい基本情報を分かりやすく紹介します

失敗しない家づくりをするには、予算に合う建材選びをすることが重要です。
塗料や窓、住宅設備など家づくりにはさまざまな材料を使います。
どれも価格帯の幅は広く、種類も豊富です。
業者に予算を伝え、その範囲で工事ができるように適切な建材を提案してもらいましょう。
その際に、安ければ良いというわけではありません。
できるだけ品質も良く、立地や目的に合うものを選ぶのがポイントです。
またアンティークデザインにしたい場合には、施工方法によってアンティーク調にすることも可能です。
予算オーバーするときは施工を工夫して実現できるケースもあります。

家づくりの基本的な流れを把握しておこう

家づくりというと具体的にどういった流れかイメージが湧きにくいものですが、1つ1つ確認すればイメージしやすくなるのではないでしょうか。
まずはどういった住宅が欲しいのか、曖昧だったりぼんやりとしているイメージを明確にするのが基本です。
次にいくらくらいの費用が掛かるのか試算したり、予算の計画を立てて実現可能か確かめることも大事です。
土地探しもしなくてはいけないので、土地に関する情報を集めて分析しつつ、同時に家づくりの相談先や任せる建設会社探しもする必要があります。
家づくりの相談会などでは、アドバイザーと話をしながらイメージを明確化できたり、資金についての詳細を知ることができます。
土地の候補が見つかったら敷地や地盤の調査を業者に依頼して、家を建てるのに相応しいか確認を行います。
家づくりを決めたら住宅ローンの契約をして土地を買い、住宅の詳細を詰めて設計を完成させます。
後は建設会社に工事を任せて着工、竣工したら検査を経て引き渡しというのが、大まかな流れになるのではないでしょうか。

家づくりにかかる期間はどれぐらいか?

一般住宅の建設にかかる時間は、工法によって異なります。
日本でもっとも多い木造軸組工法は、4ヶ月から半年ほどになります。
コンクリートの基礎を打つ前に土地を整える期間があります。
基礎ができたら建て方で骨組みを作り、外装や内装をやっていきます。
配管や電気関係も進めていき、人が住める空間になっていきます。
ツーバイフォー工法やプレキャストコンクリート工法になると、建設のスピードが上がります。
工場で完成したパネルを組み合わせる、つまり柱と梁、壁を一体にしたものを一気に組み上げる工法です。
そのため基礎ができたら一気に建物の形が見えてくるのです。
建設ではなく家づくりとなると、その期間はケースによりさまざまです。
欲しい家のイメージを固めるのに1年以上をかける家庭も少なくありません。
家庭によっては、いつくかの一戸建てを賃貸で借りて、自分たちに合うスタイルを探します。
家づくりを一つの楽しみとして捉えるならば、5年以上をかけても問題ないでしょう。

家づくりの際は理想の生活をイメージする

何事にもイメージが重要になりますが、これは家づくりでも例外ではありません。
家づくりをするにあたり、どのようなイメージをもたれる1日は主に建物のライブが外側等の両方の店から考えなければいけないです。
建物内部に関しては、例えば今まで住んでいた住宅の中で魅力的なものや友達の家に行った場合魅力的な建物があれば、それを真似してみても良いかもしれません。
これに対し、そういうのが特になければモデルハウスなどに訪れてみても良いでしょう。
モデルハウスを見ると、今まで想像していたものが少し変わってくる可能性もあります。
写真ではあまり大したことがないと思われるものでも、実際には中をみるとなかなか魅力的な建物もあります。
もしせっかくモデルハウスに行くならば、理想を求めて建物の外顔を見ておいた方が良いかもしれません。
どのようなサイディングを使っているかなどは、スタッフは大抵答えられます。
例えば火災になりにくいものなどがありますのでどっちかもしれません。

家づくりの費用はいくらかかるのか

自分たちの住みやすいような間取りや気に入ったインテリアや内装に囲まれて生活したい、と思うのであれば建売住宅よりも注文住宅がおすすめです。
とはいうものの、家づくりを行うとなるとかなりの費用が必要になってきます。
では、家づくりはどのくらいの費用が掛かるのでしょうか?家の大きさ、スタイル、間取り、内装、などによって価格は大きく異なりますが、25坪程度の家で4部屋の場合ですと家だけで2000万円ほど必要になります。
耐震性能をより強化にしたい、内装を少しオシャレで凝ったものにしてほしい、という場合ですと2500万円ほどかかるかもしれません。
土地代や外構費などは別途料金ですから、これから家づくりをしたいという方はかなりのお金がかかるといっても過言ではありません。
しかし、シンプルにしたりクロスをじぶん達で貼ることでもう少しコストを下げることができますので、いろいろと工夫してみるのも一つ脳方法といえます。

著者:白神啓治

筆者プロフィール

熊本県熊本市生まれ。
結婚をきっかけに夢のマイホームを購入。
自分の経験を基に家づくりに関する記事を書いています。
熊本の家づくりはここをチェック!